ほっぺのニキビの原因と治し方

ほっぺのニキビ・原因と治し方

ほっぺのニキビの原因

 

ニキビは、ほっぺや顎などのUゾーンに特にできやすいと言われています。

 

原因1:ホルモンバランスの乱れ

 

ほっぺにニキビが出来る原因は、
ホルモンバランスが関係しています。

 

もともと女性に比べると、
ほっぺのニキビは男性の方が多いといわれています。

 

その原因は、ほっぺはもともと男性ホルモンが多く集まる箇所なので、
ほっぺにニキビができやすくなるんです。

 

一方、女性でほっぺにニキビができやすくなるのは、
何かしらの原因でホルモンバランスが乱れてしまうことです。

 

本来優位であるはずの女性ホルモンの分泌よりも、
男性ホルモンの分泌が優位になってしまったことが原因。

 

それであれば、ホルモンバランスを改善させることで、
ほっぺのニキビは改善して行くことができる、ということになります。

 

原因2:皮脂

 

脂性肌の方は、加齢とともにUゾーンの皮脂分泌が多くなってしまいます。
そのため顎や口の周り、ほっぺにニキビができる原因になります。

 

通常お肌は、皮脂と汗などの分泌物が乳化して皮膚膜となり表面を覆っています。

 

それが天然のクリームとして水分の蒸発を防止するとともに、
様々な刺激から肌を守る役割を担っています。

 

しかし、脂性肌は皮脂の分泌が何らかの原因で過剰になっている状態です。

 

天然のクリームとして肌表面を覆うはずの皮脂が多すぎれば、
空気中の汚れを吸着しやすく、雑菌が増殖しやすい環境へと変えてしまいます。

 

そして、加齢とともにUゾーンの皮脂分泌が多くなることで、
余計にほっぺにニキビなどが多発しやすくなってしまうのです。

 

原因3:乾燥

 

ほっぺは比較的に乾燥しやすい部分です。

 

そしてこの乾燥が、
ニキビを引き起こす皮脂の過剰分泌の原因になります。

 

ただ乾燥もまた、ホルモンバランスが関係していると言われています。

 

そのためホルモンバランスを整えることは、
ほっぺのニキビを予防するためにはとても重要ということになります。

 

もちろん、乾燥対策を行うことも非常に重要です。

 

以上のように様々な原因が重なると、
ほっぺにニキビができやすくなってしまうということになるんです。

 

ほっぺのニキビの治し方

 

以上のように、ホルモンバランス・皮脂分泌・肌の乾燥を正常化することが、
有効なほっぺのニキビの治し方となります。

 

それには、洗顔がもっとも効果的です。
かといって、洗浄効果の強い洗顔料を使うことはおすすめできません。

 

余計な皮脂、汚れをしっかりと落とすことは大切ですが、
洗顔料は肌に余計な刺激を与えることのないものを選びましょう。

 

しっかりと泡立てて優しく丁寧に洗えば、
余分な皮脂だけを洗い落とすことができるのです。

 

特に皮脂性の方は念入りに、時間をかけて行いましょう。

 

また、生活習慣を改善したり、栄養バランスのとれた食事を摂取することも、
皮脂分泌を正常にするために必要不可欠な条件となります。